1913 9-E

 
  • Top
  • 初めて日本を駆け抜けたハーレー(1913年 9-E)

ツーリングで一目置かれるライディングテクニック習得法 できるかっこいいUターン 恐怖心をぶっ飛ばせ
ツーリングで一目置かれるライディングテクニック習得法低速バランス編

【低速バランス編】

ツーリングで一目置かれるライディングテクニック習得法~ワインディング編~

【ワインディング編】

ツーリングで一目置かれるライディングテクニック習得法(DVD2枚組)

【DVD2枚組】

できるかっこいいUターン 恐怖心をぶっ飛ばせ

【格好良いUターン】

You Tube (ユーチューブ)から拝借!

VINTAGE 1913 HARLEY DAVIDSON CLASSIC ANTIQUE WONDER


初めて日本を駆け抜けたハーレーダビッドソン

1913年 9-E

1913 9-E

東日本大震災の津波で、アメリカ西海岸へ流れ着いた様々な漂流物の中に、ハーレーダビッドソンを積んだコンテナがありました。
あの映像に切なさを覚えたハーレーファンは少なくなかったと思います。

新しいオーナーへ納品される途中だった?あるいは修理に出していた?
どのような想像をめぐらせても、あの日の悲劇に遭遇したハーレーが、海を渡りアメリカまで流れ着いた姿を、単なる里帰りと見ることはできませんでしたね。

ハーレーが初めて太平洋を渡り、東洋の小さな島国・日本にやってきたのは1913年頃と言われています。
購入したのは長崎県出身の名門伯爵・伊東 巳代治氏の4男でした。

初めて日本を走ったハーレーはモデル9-E。
12年間にわたりAMF社の傘下にいた時代を終え、ハーレーがハーレーとして再出発を果たした頃のモデルです。

当時の年間生産台数は1372台だったと伝えられていますから、大変貴重な1台であったことは間違いありません。

AMFから独立したハーレーを、世界中のファンが買い求めようと躍起になる中、はるばる海を超えてやってきた9-Eは、道行く人をさぞ驚かせたことでしょうね。

現在でいう個人輸入だった9-Eのあと、1916年には輸入代理店が誕生し、ハーレーの日本における流通が始まります。

日本にはまだカワサキもホンダも無い時代でした。
日本人が初めて見たモーターサイクルは、ハーレーダビッドソンだったのです。


(1913 9-Eの画像引用 ; ハーレーダビッドソンの世界 (平凡社新書) P67

ハーレーライディングマスター

ハーレーの乗り方

ハーレーパーツ紹介

ハーレーダビッドソンの歴史と伝統

ハーレーダビッドソンの歴代モデル

日本でのハーレーの歴史

ハーレー5つのファミリー

Vツインエンジン

独創的なサスペンション

フレーム

ハーレー人気の秘密

リンク集

お知らせ

【免責事項】

※ 当サイトご利用により生じた いかなる損害においても、当方は一切責任を負いません。

※ また、著作権は放棄しておりませんので、文章及び、画像の複製を禁じます。