軍用車両 ハーレーダビッドソン

  • Top
  • 戦地をかけぬけたアメリカの誇り

ツーリングで一目置かれるライディングテクニック習得法 できるかっこいいUターン 恐怖心をぶっ飛ばせ
ツーリングで一目置かれるライディングテクニック習得法低速バランス編

【低速バランス編】

ツーリングで一目置かれるライディングテクニック習得法~ワインディング編~

【ワインディング編】

ツーリングで一目置かれるライディングテクニック習得法(DVD2枚組)

【DVD2枚組】

できるかっこいいUターン 恐怖心をぶっ飛ばせ

【格好良いUターン】

軍用車両生産に追われて・・・

「軍需産業」という言葉から連想されるものは「戦争により金儲けをする人々」、武器を扱うことから「死の商人」といったものでしょうか。

ハーレーダビッドソンの歴史も、戦争とは切っても切り離せないものでした。

二度の世界大戦中、軍需バイクの生産に傾注しすぎてしまった結果、一般モデルの販売がおろそかになり、ユーザーから見放され、他社の猛攻をあび、低迷してしまったという過去があるのです。

サイドカー付きのハーレーに乗るアメリカの警察官といったビジュアルは日本人にとってもお馴染みですよね。

実際、アメリカ軍、市・郡の警察の多くがハーレーを採用し、オプションでサイドカーを付けていました。

最盛期には2500以上の市・郡警察がハーレーを採用していたそうです。
現在50州3006郡あるアメリカにおいてです。

まさに、圧倒的なシェアを誇っていたといっても過言ではありません。

そのようなアメリカにおいて、1914年開戦の第1次世界大戦、1939年開戦の第2次世界大戦において、陸上の移動手段であり戦闘活用もできるハーレーを採用しないはずはありませんでした。

ハーレーもまた、その期待に応えました。

もともと愛国心的乗り物とされていたバイクですから、国のため懸命に生産したに違いありません。

二度の大戦中に多額の利益をあげたハーレー。

一般市場をおろそかにし、戦後に苦汁をなめる結果とはなりましたが、戦場を走るハーレーは多くの兵士の心を助け、愛国心を呼び覚ましたであろうことも、また事実なのです。


ハーレーライディングマスター

ハーレーの乗り方

ハーレーパーツ紹介

ハーレーダビッドソンの歴史と伝統

ハーレーダビッドソンの歴代モデル

日本でのハーレーの歴史

ハーレー5つのファミリー

Vツインエンジン

独創的なサスペンション

フレーム

ハーレー人気の秘密

リンク集

お知らせ

【免責事項】

※ 当サイトご利用により生じた いかなる損害においても、当方は一切責任を負いません。

※ また、著作権は放棄しておりませんので、文章及び、画像の複製を禁じます。