エボリューション

 
  • Top
  • エボリューション

ツーリングで一目置かれるライディングテクニック習得法 できるかっこいいUターン 恐怖心をぶっ飛ばせ
ツーリングで一目置かれるライディングテクニック習得法低速バランス編

【低速バランス編】

ツーリングで一目置かれるライディングテクニック習得法~ワインディング編~

【ワインディング編】

ツーリングで一目置かれるライディングテクニック習得法(DVD2枚組)

【DVD2枚組】

できるかっこいいUターン 恐怖心をぶっ飛ばせ

【格好良いUターン】

エボリューション(1984~99) 「進化」と名付けられたエンジン

evolution Vtwin Engine

エボリューション(1984~99)

ハーレーのOHV方式エンジンは、初代のナックルヘッドに始まり、パンヘッド、ショベルヘッドと継承され、ついに第4世代として登場したのがエボリューションです。

握りこぶしだの、
フライパンだの、
ショベルだのと、見た目のキーワードが続いたOHV。
ここにきてついに、強いメッセージ、メーカーとしての
意気込みを感じさせる
「エボリューション=進化」と名付けられたのには、
理由がありました。


それは、まさにハーレーのエンジンの進化だったのです。

最大の進化は、品質でした。

1966年に発売した第3世代OHVショベルヘッドは、
性能において日本製のエンジンの足元にも及ばないものでした。
「ハーレーは重くて遅い。しかも壊れる」という
印象を多くの人々に与えてしまったのです。

バイクに関する知識のある人なら気にならないでしょうし、
「手間のかかる分、愛着がわく」という効果もあったのでしょうが、
それだけでは市場のパイが小さすぎます。

ですから、AMFからの独立を果たし再出発したハーレーが最初に取り組んだのは、徹底した生産管理と高品質、メンテナンスフリーなエンジンの開発でした。

エボリューションはエンジンの出力面の向上はもちろんですが、
品質の向上にこそ最大の特徴があります。

購入者の信頼を裏切らないハーレーらしい力強さと、
メンテナンスフリーの実現により、一般ユーザーでも
安心して乗り回せる初めてのハーレーの誕生はとなったのです。

この後、世界規模のハーレーブームが起こったのは誰もが知る所です。

(エボリューション)の画像引用 ; ハーレーダビッドソンの世界 (平凡社新書) P147

ハーレーライディングマスター

ハーレーの乗り方

ハーレーパーツ紹介

ハーレーダビッドソンの歴史と伝統

ハーレーダビッドソンの歴代モデル

日本でのハーレーの歴史

ハーレー5つのファミリー

Vツインエンジン

独創的なサスペンション

フレーム

ハーレー人気の秘密

リンク集

お知らせ

【免責事項】

※ 当サイトご利用により生じた いかなる損害においても、当方は一切責任を負いません。

※ また、著作権は放棄しておりませんので、文章及び、画像の複製を禁じます。