レボリューション

 
  • Top
  • レボリューション

ツーリングで一目置かれるライディングテクニック習得法 できるかっこいいUターン 恐怖心をぶっ飛ばせ
ツーリングで一目置かれるライディングテクニック習得法低速バランス編

【低速バランス編】

ツーリングで一目置かれるライディングテクニック習得法~ワインディング編~

【ワインディング編】

ツーリングで一目置かれるライディングテクニック習得法(DVD2枚組)

【DVD2枚組】

できるかっこいいUターン 恐怖心をぶっ飛ばせ

【格好良いUターン】

レボリューション(2002~) 水冷式エンジンにこめられたハーレーの未来

revolution Vtwin Engine

レボリューション(2002~)

1990年代のハーレーブームから約20年間。
ハーレーダビッドソンは毎年販売台数を
伸ばし続けている驚異的なモーターサイクル・メーカーです。

創業は1903年。
軍需にわいたり、経営危機に陥って
機械メーカーに買収されたりと、様々な歴史に彩られたハーレー。


世界的なハーレーブーム以降も新型エンジンの開発の手をゆるめることはなく、
今も常に新鮮な喜びと驚きを与えてくれるメーカーであり続けています。

2002年、エボリューション、ツインカム88についで登場した
レボリューションというエンジンもまた、世の中に衝撃を与えたエンジンです。

衝撃の正体は、ハーレーにとって初となる
水冷式のエンジンであったことに他なりません。

量産車史上最高の排気量と、油圧式クラッチの採用による快適な走行性。
DOHC(ダブル・オーバー・ヘッド・カム・シャフト)の採用により
ツインカム88を上回る高回転を実現したのですから、その評価も当然でしょう。

スムーズな吹け上がり、爽快な加速感は水冷ならではであり、
そこにハーレーのエンジン独特の鼓動感もあるレボリューション。

水冷式エンジンの開発にあたってはポルシェの協力もありました。
年々厳しくなる排ガス規制への配慮もあったと言われています。

オールドハーレーの伝統の一つでもあった
別体オイルタンクを排除した最初のモデルでもあります。

「革命」という名にふさわしい、ハーレーの未来がこめられたエンジン。
それがレボリューションなのです。

(レボリューション)の画像引用 ; ハーレーダビッドソンの世界 (平凡社新書) P151

ハーレーライディングマスター

ハーレーの乗り方

ハーレーパーツ紹介

ハーレーダビッドソンの歴史と伝統

ハーレーダビッドソンの歴代モデル

日本でのハーレーの歴史

ハーレー5つのファミリー

Vツインエンジン

独創的なサスペンション

フレーム

ハーレー人気の秘密

リンク集

お知らせ

【免責事項】

※ 当サイトご利用により生じた いかなる損害においても、当方は一切責任を負いません。

※ また、著作権は放棄しておりませんので、文章及び、画像の複製を禁じます。