1903 シリアルナンバー1

 
  • Top
  • 量産第1号(1903年 シリアルナンバー1)

ツーリングで一目置かれるライディングテクニック習得法 できるかっこいいUターン 恐怖心をぶっ飛ばせ
ツーリングで一目置かれるライディングテクニック習得法低速バランス編

【低速バランス編】

ツーリングで一目置かれるライディングテクニック習得法~ワインディング編~

【ワインディング編】

ツーリングで一目置かれるライディングテクニック習得法(DVD2枚組)

【DVD2枚組】

できるかっこいいUターン 恐怖心をぶっ飛ばせ

【格好良いUターン】

量産第1号

1903年 シリアルナンバー1

1903 シリアルナンバー1

2008年、ハーレーダビッドソンは創業100周年を迎え、創業の地ウィスコンシン州ミルウォーキーにミュージアムをオープンしました。


世界中から多くのハーレーフリークが集まるこのミュージアム2階の展示コーナーは、ずばり100年前にタイムスリップしたような1台から始まります。

そこにあるのは、1903年の創業当初に生産された第1号車「シリアルナンバー1」。

モデル・オブ・1903と呼ばれるこのハーレーは、創業者であるダビッドソン家の裏庭にあった木造の小屋で、ほとんど手作業で生産されました。

しかも、生産されたのは、たったの3台。
その中の「シリアルナンバー1」と呼ばれるこの第1号車は、ハーレー好きなら必ず一目みておきたい1台と言えます。

現在の自動二輪車の技術と比較すると、この1台はまさに「技術遺産」とも言えるような設計と部品で作られています。

エンジンはシングルエンジンですし、ピストンに使われているのは鋳鉄です。
オイルポンプはもちろん手動で、最大出力は4馬力でした。

モデルにもよりますが現在のハーレーは56馬力が平均と言われていますから、その差については言うまでもありませんね。

それでも、100年に渡るハーレーの歴史、そして今なお世界の多くの人々を魅了し続けているハーレーは、この1台から始まったのです。

デザインはウィリアム・S・ハーレー。
設計はアーサー・ダビッドソン。

製作はウォルター・ダビッドソン。
購入したのは彼らの友人だったと言われています。


(1903 シリアルナンバー1の画像引用 ; ハーレーダビッドソンの世界 (平凡社新書) P63

ハーレーライディングマスター

ハーレーの乗り方

ハーレーパーツ紹介

ハーレーダビッドソンの歴史と伝統

ハーレーダビッドソンの歴代モデル

日本でのハーレーの歴史

ハーレー5つのファミリー

Vツインエンジン

独創的なサスペンション

フレーム

ハーレー人気の秘密

リンク集

お知らせ

【免責事項】

※ 当サイトご利用により生じた いかなる損害においても、当方は一切責任を負いません。

※ また、著作権は放棄しておりませんので、文章及び、画像の複製を禁じます。