ツインカム88

 
  • Top
  • ツインカム88

ツーリングで一目置かれるライディングテクニック習得法 できるかっこいいUターン 恐怖心をぶっ飛ばせ
ツーリングで一目置かれるライディングテクニック習得法低速バランス編

【低速バランス編】

ツーリングで一目置かれるライディングテクニック習得法~ワインディング編~

【ワインディング編】

ツーリングで一目置かれるライディングテクニック習得法(DVD2枚組)

【DVD2枚組】

できるかっこいいUターン 恐怖心をぶっ飛ばせ

【格好良いUターン】

ツインカム88(1999~2006) エンジンカスタムを先導したOHV

tincome88 Vtwin Engine

ツインカム88(1999~2006)

第四世代OHV方式であるエボリューション。
90年代ハーレーブームの立役者となったこのエンジンは、現在の日本中古車市場でも人気のエンジンです。

1984年の発売以降、1999年までの15年間、新しいエンジンが発売されなかったことからも、その人気は伺えます。


またもう一方で、ハーレーダビッドソンという
企業のエンジンにかける情熱も感じられる15年と言えます。

ハーレーブームの本質やモーターサイクルを取り巻く規制環境、
ユーザーの広がりと言った要素を慎重に見極め、完成形とも
言えるエンジンの開発に要していた15年とも言えるのです。

満を持して発売された新型エンジンの名は、ツインカム88。
ワンカム構造をやめ、2本にするという大改革を行ったエンジンでした。
ワンカムのままで出力をあげるにはクランクケースが大きくなってしまうため、カムを前後に振り分け、チェーンで駆動させるという画期的なアイディアの集大成でした。

排気量は1450ccへと拡大され、
長距離走行時の無駄な振動も軽減され快適性も増しました。

このツインカム88が生まれた背景にはまず、

ハーレーブームの実態がカスタムブームであったことがあげられます。
純正品をしのぐ大排気量ツインエンジンが数多く発売され、多くのユーザーがエンジンカスタムに夢中になっていました。
また、ハイウェイの制限速度が引き上げられ高速化・長距離化が進んでもいました。

ツインカム88は21世紀になっても
新モデルが発売されるほどの安定した実力と人気を誇っています。

(ツインカム88)の画像引用 ; ハーレーダビッドソンの世界 (平凡社新書) P149

ハーレーライディングマスター

ハーレーの乗り方

ハーレーパーツ紹介

ハーレーダビッドソンの歴史と伝統

ハーレーダビッドソンの歴代モデル

日本でのハーレーの歴史

ハーレー5つのファミリー

Vツインエンジン

独創的なサスペンション

フレーム

ハーレー人気の秘密

リンク集

お知らせ

【免責事項】

※ 当サイトご利用により生じた いかなる損害においても、当方は一切責任を負いません。

※ また、著作権は放棄しておりませんので、文章及び、画像の複製を禁じます。