唯一モーターサイクルメーカー USA

  • Top
  • そしてハーレーダビッドソンだけが残った

ツーリングで一目置かれるライディングテクニック習得法 できるかっこいいUターン 恐怖心をぶっ飛ばせ
ツーリングで一目置かれるライディングテクニック習得法低速バランス編

【低速バランス編】

ツーリングで一目置かれるライディングテクニック習得法~ワインディング編~

【ワインディング編】

ツーリングで一目置かれるライディングテクニック習得法(DVD2枚組)

【DVD2枚組】

できるかっこいいUターン 恐怖心をぶっ飛ばせ

【格好良いUターン】

唯一のモーターサイクルメーカーへ in USA

20世紀初頭にウィスコンシン州ミルウォーキーで創業したハーレーダビッドソン。

現代において、「アメリカの二輪車と言えばハーレー」と多くの人が思い浮かべますが、創業当時は数多くのコンペチター(競合他社)がひしめいていました。

当時を代表するモーターサイクル・カンパニーをいくつかあげてみましょう。

まず「ピアーズ・アロー」。
二段変速とシャフト・ドライブで一世を風靡しました。

この時代に既に時速100kmを超えるスピードを実現し人気を博したのは「ヘンダーソン」。

「クリーブランド」のボディは流線型の低いラインが革新的でした。

そして、ハーレーの最大のライバルと言えば「インディアン・モーターサイクル」。
ハーレーに先んじてツインエンジンを発売し話題になった会社です。

多くのメーカーが乱立したことで業界全体の規模も大きくなったことから、1924年、アメリカ・モーターサイクル協会が設立されます。

まさに業界を挙げてモーターサイクル文化の普及、安全基準の整理などに進み始めた黎明期と言ってよい時代でした。

ところが、この時代は長くは続きません。
1929年ニューヨーク株式市場の大暴落がおこり、世界恐慌に陥ってしまうのです。

ハーレーは軍需バイクの生産・販売でかろうじて生き延びることができましたが、多くのコンペチターが倒産していきました。

最大のライバル「インディアン・モーターサイクル」も倒産してしまい、ハーレーは当時のアメリカで唯一のモーターサイクル・メーカーとなってしまうのです。


ハーレーライディングマスター

ハーレーの乗り方

ハーレーパーツ紹介

ハーレーダビッドソンの歴史と伝統

ハーレーダビッドソンの歴代モデル

日本でのハーレーの歴史

ハーレー5つのファミリー

Vツインエンジン

独創的なサスペンション

フレーム

ハーレー人気の秘密

リンク集

お知らせ

【免責事項】

※ 当サイトご利用により生じた いかなる損害においても、当方は一切責任を負いません。

※ また、著作権は放棄しておりませんので、文章及び、画像の複製を禁じます。