スポーツスターのVツインエンジン

 
  • Top
  • スポーツスターのVツインエンジン

ツーリングで一目置かれるライディングテクニック習得法 できるかっこいいUターン 恐怖心をぶっ飛ばせ
ツーリングで一目置かれるライディングテクニック習得法低速バランス編

【低速バランス編】

ツーリングで一目置かれるライディングテクニック習得法~ワインディング編~

【ワインディング編】

ツーリングで一目置かれるライディングテクニック習得法(DVD2枚組)

【DVD2枚組】

できるかっこいいUターン 恐怖心をぶっ飛ばせ

【格好良いUターン】

日本の国土、日本人に人気。スポーツスター

ハーレーダビッドソンの5つのファミリーはそれぞれ特徴があります。

sportsstar Vtwin Engine

スポーツスターのVツインエンジン

チョッパーテイストが人気のソフテイルファミリー。
70年代のオールドハーレーをルーツとするダイナファミリー。
楽しみ方の幅が広いツーリングファミリー。
ハーレー初の水冷エンジンを搭載しているVRSCファミリー。
スポーツライドを楽しむためのスポーツスターファミリー。

このスポーツスターファミリーは、アメリカでは7種類なのに、
日本向けには10種類ラインアップされています。
日本の方が、スポーツスターの人気が高いのです。

スポーツスターの特徴は小型のボディと高い走行性。
渋滞が多い日本にあっては、制動力や取り回しといった点の方が重視されます。
また、日本人の小柄な体型にもフィットしています。
人気が高いのは当然なのかもしれませんね。

スポーツスターの始まりは1952年のモデルKです。

小さく軽い車体にパワフルな
エンジンを積むための努力はモデルKから始まったのです。
モデルKはサイドバルブ式、1957年のXLスポーツスターにはショベルヘッドを採用するなど、さまざまな進化をとげてきました。
最終的には1984年にエボリューションエンジンを搭載したことで、スポーツスターのエンジンについてはほぼ完成したと言ってもいい状態です。

ちなみに、1日に数百キロのツーリングを楽しむアメリカのハーレーユーザーにとって、スポーツスターは
「ちょっとそこまで」という時向けのセカンドカー的な位置づけだとか。
さすがアメリカ、といった感じがしますね。

(スポーツスターのVツインエンジン)の画像引用 ; ハーレーダビッドソンの世界 (平凡社新書) P157

ハーレーライディングマスター

ハーレーの乗り方

ハーレーパーツ紹介

ハーレーダビッドソンの歴史と伝統

ハーレーダビッドソンの歴代モデル

日本でのハーレーの歴史

ハーレー5つのファミリー

Vツインエンジン

独創的なサスペンション

フレーム

ハーレー人気の秘密

リンク集

お知らせ

【免責事項】

※ 当サイトご利用により生じた いかなる損害においても、当方は一切責任を負いません。

※ また、著作権は放棄しておりませんので、文章及び、画像の複製を禁じます。