デイトナビーチレース

 
  • Top
  • 伝説レース、デイトナビーチ

記録に挑んだ者たち

大きな車体、響き渡る排気音。
現在の日本においては、ハーレーダビッドソンは「ゆっくり走りを楽しむ、大人のバイク」といったイメージの人が多いのではないでしょうか。

そのイメージが間違っているという話をしようとしているのではありません。
そんな現在のイメージとは間逆の、「速さ」に挑んだ時代があった、という話をしたいのです。

常に最新技術の開発に勤しみ、トライアンドエラーを繰り返し、一般向けモデルの技術として完成されていく、その過程において、レースへの挑戦は避けられないものです。

公道とは違い、全く最新の、革新的な技術を走って確かめられる場所はレースしかなかったのです。

数多くのレース実績がある中でも、1937年フロリダのデイトナビーチで行われたチャレンジレースはハーレーの歴史に深く刻まれています。
この時、1926年から11年間破られることのなかった世界最高速度をハーレーが更新したのです。

レコードは時速217.89kmでした。
また1990年には時速518.45kmという記録を樹立します。
日本のバイクメーカー・カワサキが1978年に509.757kmという当時、前人未到といわれた記録を打ち立ててから12年後、ハーレーが更新したのです。

この他にも数多くの伝説的なレース、チャレンジを繰り返してきたハーレー。
満足なヘルメットや専用ウェアがなかった時代、命をかけて挑んだライダーの勇気、開発者の探究心は今も受け継がれています。


ハーレーライディングマスター

ハーレーの乗り方

ハーレーパーツ紹介

ハーレーダビッドソンの歴史と伝統

ハーレーダビッドソンの歴代モデル

日本でのハーレーの歴史

ハーレー5つのファミリー

Vツインエンジン

独創的なサスペンション

フレーム

ハーレー人気の秘密

リンク集

お知らせ

【免責事項】

※ 当サイトご利用により生じた いかなる損害においても、当方は一切責任を負いません。

※ また、著作権は放棄しておりませんので、文章及び、画像の複製を禁じます。