1936 EL

 
  • Top
  • ついにナックルヘッド登場(1936年 EL)

ツーリングで一目置かれるライディングテクニック習得法 できるかっこいいUターン 恐怖心をぶっ飛ばせ
ツーリングで一目置かれるライディングテクニック習得法低速バランス編

【低速バランス編】

ツーリングで一目置かれるライディングテクニック習得法~ワインディング編~

【ワインディング編】

ツーリングで一目置かれるライディングテクニック習得法(DVD2枚組)

【DVD2枚組】

できるかっこいいUターン 恐怖心をぶっ飛ばせ

【格好良いUターン】

You Tube (ユーチューブ)から拝借!

1936 KNucklehead starting for the first time in seventy years


ナックルヘッド登場

1936年 EL

1936 EL

1936年に発売されたモデルELは、現在にも通じる、ハーレーの中でも特にハーレーらしい1台です。


モデルELは、ビッグツイン・エンジンの源と言われる、ハーレー製OHVビッグツイン・エンジンを搭載していました。
ヘッドカバーの形が握りこぶしに似ていることから「ナックルヘッド」と呼ばれることになったハーレーの代名詞のようなエンジンです。

形状だけでなく、その機能も当時としては群を抜いたものでした。
排気量は1000cc、最高出力馬力は40馬力、最高速度160kmのバイクは、現在においても十分にハイパワーなエンジンと言えます。
そのようなバイクが、第二次世界大戦前のアメリカには既に誕生していたのです。

また、モデルELの、エンジンからバッテリー、オイルタンクからトランス・ミッションへという真っ直ぐな配置は、現在のハーレーにおいても王道とされています。
当時の、設計と開発技術レベルの高さに、驚かされますね。

確固たるブランドとして、1936年当時既にハーレーはハーレーたる所以を備えていたと言う事ができるのです。
そして、そのブランドのきらめきは、今も続いています。

メーターダッシュや、スピードメーター、ラウンドタイプのオイルタンク、テールランプなどのELのパーツ達。
これらは現在リバイバルされ「オリジナル」という名称のカスタムパーツとして購入することができるのです。
まさに時を超えて愛され続けるモデル、それがELなのです。


(1936 ELの画像引用 ; ハーレーダビッドソンの世界 (平凡社新書) P73

ハーレーライディングマスター

ハーレーの乗り方

ハーレーパーツ紹介

ハーレーダビッドソンの歴史と伝統

ハーレーダビッドソンの歴代モデル

日本でのハーレーの歴史

ハーレー5つのファミリー

Vツインエンジン

独創的なサスペンション

フレーム

ハーレー人気の秘密

リンク集

お知らせ

【免責事項】

※ 当サイトご利用により生じた いかなる損害においても、当方は一切責任を負いません。

※ また、著作権は放棄しておりませんので、文章及び、画像の複製を禁じます。