ツインカム96

 
  • Top
  • ツインカム96

ツーリングで一目置かれるライディングテクニック習得法 できるかっこいいUターン 恐怖心をぶっ飛ばせ
ツーリングで一目置かれるライディングテクニック習得法低速バランス編

【低速バランス編】

ツーリングで一目置かれるライディングテクニック習得法~ワインディング編~

【ワインディング編】

ツーリングで一目置かれるライディングテクニック習得法(DVD2枚組)

【DVD2枚組】

できるかっこいいUターン 恐怖心をぶっ飛ばせ

【格好良いUターン】

ツインカム96(2007~) オーナーの声は「モアパワー!!」

twincome Vtwin Engine

ツインカム96(2007~)

1999年、ツインカム88でOHV方式エンジン
の画期的な進化を見せたハーレーダビッドソン。
2002年には初の水冷式エンジン「レボリューション」を発売し、
伝統を守りながらも未来のハーレー像を見せてくれました。

90年代に始まったハーレーブームは21世紀になってもまだ継続しています。
「壊れやすい」というマイナスイメージは既に払拭。
高性能でメンテナンスフリーになったハーレーにファンが求めるものは、
過去にも増して「モアパワー」という流れです。


2007年に発売されたツインカム96は、96キュービックインチ、
つまり1584ccもの大排気量を実現したパワフルなエンジンです。

この時点でハーレー史上最大。
その後、2009年には1690ccというこれまた
史上最大の新モデルを発売し話題になりました。

ツインカム96において排気量をあげるにあたって、ハーレーは
シリンダーの内径を広げる方法を取らずストロークであげる方法を取りました。
これにより、ハーレーらしいトルク感や
エンジン鼓動をそのまま排気量をあげることに成功したのです。

この心憎い設計は、多くのハーレーファンが
まさに小躍りしたくなるようなアイディアでした。

また、ハーレーブームにより広がった
女性ライダーにとっても嬉しい改良が施されています。
それは、クラッチが軽くなったことです。

ツインカム88よりも、平均して10%軽くなり、女性はもちろんですが
街乗りメインの男性ライダーにとっても軽いクラッチが
歓迎されたことは言うまでもありません。

(ツインカム96)の画像引用 ; ハーレーダビッドソンの世界 (平凡社新書) P153

ハーレーライディングマスター

ハーレーの乗り方

ハーレーパーツ紹介

ハーレーダビッドソンの歴史と伝統

ハーレーダビッドソンの歴代モデル

日本でのハーレーの歴史

ハーレー5つのファミリー

Vツインエンジン

独創的なサスペンション

フレーム

ハーレー人気の秘密

リンク集

お知らせ

【免責事項】

※ 当サイトご利用により生じた いかなる損害においても、当方は一切責任を負いません。

※ また、著作権は放棄しておりませんので、文章及び、画像の複製を禁じます。