トーションバー

 
  • Top
  • トーションバー

ツーリングで一目置かれるライディングテクニック習得法 できるかっこいいUターン 恐怖心をぶっ飛ばせ
ツーリングで一目置かれるライディングテクニック習得法低速バランス編

【低速バランス編】

ツーリングで一目置かれるライディングテクニック習得法~ワインディング編~

【ワインディング編】

ツーリングで一目置かれるライディングテクニック習得法(DVD2枚組)

【DVD2枚組】

できるかっこいいUターン 恐怖心をぶっ飛ばせ

【格好良いUターン】

美しさのためにリアサスペンションさえも隠したハーレー

1950年代になると、フロントに加えリアサスペンションも標準化され始めます。
多くのメーカーがそうであったように、ハーレーにおいてもリアタイヤの
側面左右に1本ずつリアサスペンションを施したモデルを発売し始めました。

ところが、です。

torsion bar

固定位置から縮んで作用するのではなく伸びて作用するハーレー独自のリアサスペンションです。

80年代になって、せっかくの
リアサスペンションを取り払うカスタムが大流行しました。
リアサスペンションが無いと言うのは、私たちが想像するに
相当ハードな乗り心地を覚悟しなくてはならないカスタムですよね。

でも当時は、乗り心地そのものよりも、カッコ良さが重視されたのです。
リアサスペンションを取り払った
フレームは美しい、カッコいい、という訳です。

このようなニーズ、トレンドをハーレーは実に
ハーレーらしい方法で解決し、ユーザーに新しいモデルを提案します。

それがソフテイル。

1950年代とは違い技術が進化した80年代にあって、いくら流行っているからと言って
リアサスの無いハーレーを売り出すのは芸がない、と考えたのでしょう。

発売されたソフテイルは、リアサスペンションを
見えないようにトランスミッションの真下に隠したのです。

これは、狭い場所でしっかりと緩衝性能を果たすために開発されたトーションバーというリアサスペンションのおかげでした。

さすがハーレー。

美しいラインでありながら、
サスペンションが見えず、快適性にもすぐれている。

まさに他社には見られないハーレーらしいサスペンションと言う事ができます。

(トーションバー)の画像引用 ; ハーレーダビッドソンの世界 (平凡社新書) P164

ハーレーライディングマスター

ハーレーの乗り方

ハーレーパーツ紹介

ハーレーダビッドソンの歴史と伝統

ハーレーダビッドソンの歴代モデル

日本でのハーレーの歴史

ハーレー5つのファミリー

Vツインエンジン

独創的なサスペンション

フレーム

ハーレー人気の秘密

リンク集

お知らせ

【免責事項】

※ 当サイトご利用により生じた いかなる損害においても、当方は一切責任を負いません。

※ また、著作権は放棄しておりませんので、文章及び、画像の複製を禁じます。