ハーレー用カスタムパーツなど♪

AMFの傘下へ

1903年に一般向け1号車を発売したハーレーダビッドソン。
1950年代には、アメリカ国内にライバルと言える規模のモーターサイクル・メーカーはおらず、独走態勢に入っていました。

 

この1950年代と、それに続く1960年代は、「アメリカの光と影」と称されることの多い時代です。

 

第2次世界大戦に勝利し黄金時代を迎えた1950年代。

 

一気に普及したテレビ網を通じてジェームス・ディーンやエルビス・プレスリーといったスターが生まれました。

 

戦争に勝利したことで生活は豊かになり、消費も活発になりました。

 

ハーレーの生み出す豪華絢爛な車体はまさに時代のニーズにマッチし、支持を広げていきます。

 

ところが1960年代に入るとアメリカ経済が一転します。

 

キューバ危機やケネディ大統領の暗殺、ベトナム戦争のドロ沼化などが、50年代の戦勝ムードを打ち消し経済の停滞を招いてしまうのです。

 

レース用の車体や、豪華なオプションパーツだけでは会社の経営が立ち行かなくなったハーレーは、これまでとは打って変わって、小型の庶民向けモデルの生産にふみきります。

 

このモデルは市場から一定の支持を得ましたが、低迷する経済状況にあっては、経営の安定化を確実にしてくれるものとはなりませんでした。

 

そこでハーレーは株式の公開をし、機械メーカーAMFの傘下に入ります。
他社の傘下に入ってでも、ハーレーの伝統と灯火を守り抜きたいという、強い信念の表れだったのでしょう。

 

AMF時代のハーレーについて、今も多くのファンが語り継いでいることからも、この選択が正しかったことは間違いありません。

【日本正規品】フューエルパックFP3

「フューエルパックFP3」購入者向けに

株式会社パインバレー作成のオリジナルの取説動画をはじめ手厚いアフターサービスあり!


【免責事項】

※ 当サイトご利用により生じた いかなる損害においても、当方は一切責任を負いません。

※ また、著作権は放棄しておりませんので、文章及び、画像の複製を禁じます。