ハーレー用カスタムパーツなど♪

You Tube (ユーチューブ)から拝借!

1971 Harley-Davidson Super Glide

スポーツモデルのビッグツイン

1971年FX‐1200スーパーグライド

1971 FX‐1200スーパーグライド

軽量で旋回能力に優れ、スピードも出るスポーツスターモデル。

 

一方で優雅で重厚、長距離を走っても疲れないビッグツインモデル。

 

この、特徴が大きく異なる2つのラインナップに一石を投じたのが、1971年に発売されたFX-1200スーパーグライドです。
FはビッグツインFLから。
XはスポーツスターXLから。

 

あえて2つをMIXしたモデルであることを、その名称からも印象づけました。

 

FX-1200スーパーグライドを簡単に説明するなら、ビッグツインFLのフレームに、スポーツスターXLの高性能なサスペンションを組み合せた、という表現が適しているでしょう。

 

ガソリンタンク、エキゾーストはFX-1200スーパーグライドのために新たに設計・開発されました。
シートはファイバー製になりワンピース型を採用しました。
このワンピース型のシートとリアフェンダーは新モデルだと一目で伝わる特徴となり、美しいラインは多くの支持を得ました。

 

性能が異なる極端な2モデルを、あえて合体させたのには一つ大きな理由がありました。

 

それはカスタマイズブームの始まりです。
ビッグツインFLをカスタマイズしてスポーツスター的に乗ったり、スポーツスターXLをカスタマイズしてビッグツイン的にツーリングを楽しむといったユーザーが生まれていたのです。

 

ユーザーのニーズを敏感にとらえた商品を投入したハーレー。
この、スーパーグライドは現在の「クルーザー」というカテゴリーの誕生に大きく貢献した1台となったのでした。

 

 

(1971 FX‐1200スーパーグライドの画像引用先;ハーレーダビッドソンの世界 (平凡社新書)P85)

【日本正規品】フューエルパックFP3

「フューエルパックFP3」購入者向けに

株式会社パインバレー作成のオリジナルの取説動画をはじめ手厚いアフターサービスあり!


【免責事項】

※ 当サイトご利用により生じた いかなる損害においても、当方は一切責任を負いません。

※ また、著作権は放棄しておりませんので、文章及び、画像の複製を禁じます。