ハーレー用カスタムパーツなど♪

You Tube (ユーチューブ)から拝借!

 

1952 First K-model running

スポーツスター誕生の原点

1952年K

1952 K

20世紀初頭に創業してから約50年間のハーレーダビッドソンには、大きく3つの成長軸がありました。

 

一つは、先行するヨーロッパメーカーに追いつけ追い越せと技術を高めたこと。
もう一つは、戦争による軍需対応の中で技術力を磨いてきたこと。

 

最後の一つがレースでした。

 

創業間もない1910年代からハーレーのレース参加は始まります。
満足なヘルメットとスーツすら無い中、まさにドライバーの命がけの挑戦を通して技術を高めて行きます。

 

長いレース歴の中でも、ひときわ華やかな戦績に彩られているのが、1952年に発売されたモデルKでしょう。

 

モデルKは、それまでのハーレーとはまさに一線を画す1台でした。
一目でわかる違いは「小さい」こと。
当時既に大人気だったビッグツインに比べ、ホイールベースは10cm短く、重さも70kg軽くなっていたのです。

 

細部もビッグツインとは異なります。
ピストンとシリンダーヘッドにアルミ合金を、フロント・リアには油圧式サスペンションを採用しました。

 

全ては、レースに勝つために設計・開発されたモデルだったのです。

 

高い旋回能力と運動性能を身につけたモデルKは、レースにおいて圧倒的な強さを発揮しました。
アメリカ・モーターサイクル協会のタイトルを、1954年から8年連続で獲得したのです。

 

現在、小柄な女性でも乗りこなせると人気の「スポーツスター」と呼ばれるシリーズこそ、このモデルKが原点となっています。

 

 

(1952 Kの画像引用先;ハーレーダビッドソンの世界 (平凡社新書)P79)

【日本正規品】フューエルパックFP3

「フューエルパックFP3」購入者向けに

株式会社パインバレー作成のオリジナルの取説動画をはじめ手厚いアフターサービスあり!


【免責事項】

※ 当サイトご利用により生じた いかなる損害においても、当方は一切責任を負いません。

※ また、著作権は放棄しておりませんので、文章及び、画像の複製を禁じます。