ハーレー用カスタムパーツなど♪

You Tube (ユーチューブ)から拝借!

1948 FL Panhead

「パンヘッド」搭載。スプリンガー・フォークを最後に採用したモデル

1948年FL

1948 FL

創業100年を超えるハーレーダビッドソンがこれまで世に送り出してきたモデルは、大変な数になります。

 

多くはアルファベット2文字から4文字の商品コードが正式名称となりますが、ハーレーと共に生きてきた人々は、親しみと憧れをこめて様々なニックネームをつけてきました。

 

日本においては「ヨンパチ」として親しまれているハーレーも、正しくはモデルFL。
発売された1948年をとって「ヨンパチ」と呼ばれています。

 

FLは、アメリカでは「パンヘッド」と呼ばれ愛されました。
理由はナックルヘッドの上のロッカーアームに、フライパン状の大きなアルミ製カバーが取付けられていたからだそうです。
いかにも、アメリカらしい愛称ですね。

 

モデルFLのエンジンは、初めてメンテナンスフリー方式が採用され、高性能で高出力でした。
さらに、たくましいボディ、パーツ類の豊富さからハーレーの黄金時代の幕開けを飾ったとも言われる1台です。

 

と同時に、このFLは長くハーレーファンに愛されたスプリンガー・フォークを最後に採用したモデルとしても有名です。
二本のレッグ、剥き出しになったコイルスプリングが特徴のスプリンガー・フォークは、ハーレーの創業当初から親しまれてきたものでした。
現在の私たちがヴィンテージ・ハーレーと称するモデルの大半が、スプリンガー・フォークです。

 

一つの時代の終わりと始まりを飾ったモデルFL。
第二次世界大戦に勝利し、富めるアメリカ、豊かなアメリカを象徴する1台へと成長していきます。

 

(1948 FLの画像引用先;ハーレーダビッドソンの世界 (平凡社新書)P77)

 

【日本正規品】フューエルパックFP3

「フューエルパックFP3」購入者向けに

株式会社パインバレー作成のオリジナルの取説動画をはじめ手厚いアフターサービスあり!


【免責事項】

※ 当サイトご利用により生じた いかなる損害においても、当方は一切責任を負いません。

※ また、著作権は放棄しておりませんので、文章及び、画像の複製を禁じます。