ハーレー用カスタムパーツなど♪

ハーレーダビッドソンの歴史はVツインエンジンから

ハーレーダビッドソンがアメリカのミルウォーキーで産声をあげた20世紀初頭。
自動車においては、GMつまりゼネラルモーターが創立した時期とも重なります。

 

この頃、自動車の世界は蒸気からガソリンへと一気に変革が進み、日々新しい技術やエンジンの開発が行われていました。

 

二輪車についても同様で、創業期のハーレーダビッドソンを悩ませたものは、各社が次々と発表する新型エンジンをめぐる競争でした。

 

1906年時点のハーレーは、シングルエンジンのバイクのみを販売していました。
一方で競合他社はツインエンジンモデルを次々と発表。

 

中でも、最大のライバル企業インディアン・モーターサイクルが発売したツインエンジンのバイクは、サンディエゴからニューヨークまでの4800kmを11日と12時間で走破し、当時としては画期的な速さ、安定感だと評価されていました。

 

ハーレーはこれらの流れから一歩遅れて、1909年になりやっとツインエンジンのモデルを発売します。

 

しかし、排気と吸気のバランスが悪く、本来のパワーを発揮できないモデルとなってしまったことから改良を重ね、1911年になってやっと、今も受け継がれるハーレーVツインエンジンと呼ばれるエンジンの完成を見ます。

 

現在も、このVツインは各モデルに継承され、ハーレーの代名詞とも言えるエンジンになりました。

 

大学で自動車工学を学びながら、ハーレーのエンジン開発を続けた、創業者の一人ウィリアム・S・ハーレーの情熱の賜物と言えるエンジンです。

【日本正規品】フューエルパックFP3

「フューエルパックFP3」購入者向けに

株式会社パインバレー作成のオリジナルの取説動画をはじめ手厚いアフターサービスあり!


【免責事項】

※ 当サイトご利用により生じた いかなる損害においても、当方は一切責任を負いません。

※ また、著作権は放棄しておりませんので、文章及び、画像の複製を禁じます。