ハーレー用カスタムパーツなど♪

ハーレーブームの立役者

1984年 FXSTソフテイル

1984 FXSTソフテイル

伝統的なハーレーダビッドソンのスタイルであり、長く愛されてきたリジッドフレームに「ハードテイル」があります。

 

リアショックがなく、スイングアームも無い。
乗り心地としては決して良いものではありませんでした。
それでも、オールドハーレー独特の美しさが人気を集めていたのです。

 

1984年、ハーレーはこの「ハードテイル」というスタイルを、当時の最高の技術を用いてスタイルそのまま「ソフトに」「快適に」生まれ変わらせました。

 

FXSTソフテイルの登場です。

 

1984年と言えば、AMFから独立を果たした1981年からわずか3年。
ハーレーはエボリューションエンジンという、これまでのハーレーのイメージを根底から覆す、高性能でノーメンテナンス、ノートラブルのエンジンを開発に成功します。

 

この最高性能のエンジンを積むにふさわしいのは、古き良きオールドハーレーのスタイルを継承したフレームであるべきでは。
一方で、乗り心地と快適性を高めハーレーの進化を見せたい、と考えたのでしょう。

 

このFXSTソフテイルはビッグヒットとなります。
ハーレーブームの立役者とまで言われる人気を得るのです。

 

現在5つのファミリーでラインナップが構成されるハーレー。
VRSCファミリー、スポーツスターファミリー、ツーリングファミリー、ダイナファミリー、そしてソフテイルファミリー。

 

ハーレーが再びハーレーとなって再出発を果たした1984年の思いは、現在のラインアップにも継承され続けています。

 

 

(1984 FXSTソフテイルの画像引用先;ハーレーダビッドソンの世界 (平凡社新書)P90)

【日本正規品】フューエルパックFP3

「フューエルパックFP3」購入者向けに

株式会社パインバレー作成のオリジナルの取説動画をはじめ手厚いアフターサービスあり!


【免責事項】

※ 当サイトご利用により生じた いかなる損害においても、当方は一切責任を負いません。

※ また、著作権は放棄しておりませんので、文章及び、画像の複製を禁じます。