インジェクションチューニングはカスタムの基本中の基本

パインバレーの【インジェクションチューニング】

 

ハーレーすべてのモデルが2007年より、インジェクション仕様となりました。

 

それまでの機械式からコンピューターによって、ガス供給量とプラグから火花を飛ばす点火タイミングの調整を行うことになりました。

 

このコンピューターのデータを書き換えることを、インジェクションチューニングと言います。

 

その理由は、市販されているハーレーが日本の規制を基準に設定されたコンピューターセッティングだからです。

 

このデータをベストなものに書き替えてあげると本来のハーレーに生まれ変わります。

 

もしマフラーやエアクリーナーのカスタムを考えているのなら、チューニングは必須と思ってください。

 

「自分が思い描いていたハーレーとは違っていた」

 

こんな思いを抱くことは無くなります。

インジェクションチューニングのメリット

ハーレーのポテンシャルを100%発揮

すべてが「ハーレーらしく」なります。

 

そう、最高出力・トルクともに向上し、出足のもたつきなどがなくなり、感覚的にハーレーを操ることがで鼓動感や乗り心地が向上するのです!

 

健康なハーレーダビドソンに

健康なハーレーダビドソンと言う意味は、「エンジンに優しい」と言うことです。

 

なぜなら、ベストなセッティングにならせたコンピューターにより、エンジンへの負荷も軽減され、余計な熱も持たなくなり、快適なライディングが楽しめるようになるのです。

 

オーバーヒートにもなりにくく、エンジンが長持ちします。

 

オーダーメイドハーレーに変身します。

熟練技術者が行うインジェクションチューニングによって、街乗りしやすいセッティングや高速走行主体のセッティングなど、あなただけのハーレーを作り上げることができます。

 

パインバレーの【インジェクションチューニング】

ノーマル車でもインジェクションチューニングは必要

日本国内のさまざまな規制に対応するためハーレーのコンピューターの初期設定は、燃料噴出量が薄めに制限されています。

 

そのためエンジンが熱を持ったり、出足がもたついたりします。

 

吸排気系のカスタムの予定がない場合、慣らし運転が終わった段階でのチューニングをおすすめしまので、チューニングでベストな状態に置き換えましょう。

 

マフラーやエアクリーナーを交換後には必須

マフラーやエアクリーナーを交換すると、エンジンにかなりの負担を与えます。

 

それは、ノーマルのセッティングでも薄めに設定されている燃料の噴射量がさらに薄くなるからです。

 

オーバーヒートの原因になったり、アフターファイアやノッキングなど乗り味が極端に悪くなります。

 

インジェクショチューニングは、高性能のマフラーやエアクリーナーの性能をフルに発揮するためにも必須です。

 

パインバレーの【インジェクションチューニング】

ノーマル車両とカスタム&チューニング車両のパワーチェックデータ比較

下のグラフは、フルノーマルとカスタム+インジェクションチューニングを行った状態のパワーグラフを重ねたものです。

チューニングすることによって全回転域に渡ってパワー・トルク共に上がっていますが、乗り味として特に変わるのが1500rpmからの実用回転域におけるトルク。

 

マフラーとエアクリーナーをカスタムするとパワー・トルク共に上がりますが、チューニングにより曲線が滑らかになって「ギクシャク感」がなくなっているのがわかります。
ノーマルの場合、特にこの回転域は乗りにくいセッティングになってしまっているため、出足が鈍いというストレスを感じている方も多いかと思いますが、吸排気系のカスタムとチューニングによって谷間のないトルク曲線に調整することが可能です。

 

パインバレーの【インジェクションチューニング】

 

 

 

*上記文章の参考サイト:パインバレーの【インジェクションチューニング】の公式サイトの文章を基に書き直しました。

インジェクションチューニングとは?記事一覧

パインバレーの【インジェクションチューニング】全モデルがフューエルインジェクション機能を搭載しているハーレーは、1台1台の個体差が激しいバイクでもあるため、同じモデルであってもチューニングの内容は違ってきます。マフラーやエアクリーナーなどの吸排気系をカスタムをした車両は、そのままで走り続けると乗り味を損なうだけではなく、エンジンへの負担が増大し、故障の原因になる可能性もあります。国内最大級のチュー...